画像:紙で作る新しい世界

注目のキーワード

<<レーザーカット・レーザー加工お見積もりに関して>>

画像:<<レーザーカット・レーザー加工お見積もりに関して>>

レーザーカット・レーザー加工お見積もりに関して

見積には下記データをinfo@tokyo-shiki.co.jpへ送ってください。
カットデータ    illustratorデータ・PDFデータ(illustrator機能保存形式)
cs6までのバージョン対応可能です。
用紙の大きさ    最大300mm×300mmまたは300mm×600mm
カットエリアサイズ 最大280mm×280mmまたは260mm×560mm

紙の厚み      (0.3mm以下が最適)
カット枚数     

見積計算方式について
カット単価はカットする全長、カットの複雑さ、紙の厚さ、枚数によって決まります。カット枚数は1枚からお受けいたします。
全長はデータをいただき自動的に全カットの長さを計算して計算しております。
用紙の選定は事前にご相談いただければ、レーザーカット適性の良い紙をご案内いたします

弊社を通じて用紙を購入することもできます。
また適性のよい紙の在庫も各種ありますので、ご相談ください。
用紙は支給していただいてもかまいません。
用紙の予備は加工枚数の3%または5枚のいずれかの多いほうでをお願いします。

一般紙の場合は標準A4サイズ(最大280mm×280mm)までのカットが対象になります。
厚紙(0.5から3mm程度まで)・アクリル(5mm程度まで)・ベニヤ(4mm程度まで)
などは260mm×560mmまでのサイズがカット対象になります。
E段G段ボール・金銀箔紙についてはご相談ください。
メタリック用紙のアルグラス・ジパングはカットが可能です。

注意事項
カットデータは必ずアウトラインで確認してください。オブジェクトを複数のパスで構成している場合は1つのパスに結合して置く必要があります。

用紙の厚みの情報がない場合は、0.3mmを標準として算出いたしますので、実際に金額と異なることがありますので、あらかじめご了承ください。カットデータはカットラインのillustratorまたはPDF形式のファイル(イラストレーター機能保存形式)でお願いいたします。カットデータがない場合は周囲の概算の長さを測ってお知らせください。その長さに基づいてお見積りいたします。

画像データからアウトラインデータを作って計算することが可能な場合もありますが、
データ作成費用がかかる場合もありますので、別途御相談ください。

東京紙器株

tokyo-shiki